田辺小竹、田邊小竹、田辺健雄、田邊健雄、Shouchiku Tanabe,Takeo Tanabe,竹工芸、竹、bamboo,bamboo art 、竹作家、竹細工、竹工房、
                                      
 >index >top >略歴

   
   
  2016年2月  
  photo by Tadayuki Minamoto   
  フランスのギメ美術館にて  
  「五大」制作  




2014年 7月撮影
photo by Tadayuki Minamoto
in 高知県




2014年 1月撮影
photo by Tadayuki Minamoto
at 岐阜県美術館




2013年5月撮影中




2012年12月phot by Jiro Fujiwara




2012年 3月 パリにてデモ




2012年 3月 パリにて




2011年4月 photo by Jiro Fujiwara



2009年4月



2009年4月 堺にて



2009年3月 神戸にて



2008年10月 ボリビアにて



2008年2月 高倉台小学校にて



2007年7月 Glasgow



2007年1月CRIA展にて



仕事風景



2005年1月 鹿児島にて































































































  初代田辺竹雲斎が竹工芸を始めたのは明治22年(1890年)、
  今から121年前のことです。

  江戸中期から確立し始めた竹工芸の芸術性を高め、
  竹工芸家として初めて個展を開催しました。
  二代田辺竹雲斎は昭和13年(1940年)、
  初代の没後竹雲斎を襲名しました。

  それまで中国の影響が強かった日本の竹工芸から、
  透かし編みという技法で独自の作品を生み出しました。
  晩年は太い竹を荒く編んだ「荒編み」を得意とし
  数多くの作品を残しました。

  三代竹雲斎は平成3年に竹雲斎を襲名し、矢竹(弓矢の竹)を使い
  構築的な作品を制作しています。

  田辺小竹(健雄)は昭和48年(1973年)
  三代竹雲斎の次男として大阪に生まれました。

  大阪市立工芸高校美術科を卒業した後、
  東京藝術大学彫刻科に入学、
  卒業後大分県別府市で2年間
  (1999年〜2001年 現竹工芸訓練支援センター)
  竹の修業をしました。

  2006年「田辺小竹」(たなべしょうちく)を襲名。

  日本の伝統工芸である代々の技を習得し、
  また後世に伝えていければと思っています。

  それと同時に現代に生きる作家として、
  自分独自の作品を制作していきたいと思っています。

  近年海外での活動に力を入れています
  海外での展覧会は、自分を見つめなおすことができ、
  自分がこれから何を創っていけばいいかを
  見つけることが出来ます。

  2000年以降、
  アメリカやヨーロッパ、ニュージーランド、韓国などで
  個展やグループ展を開催しています。

  2003年には
  スイスのチューリッヒのボルケクンド美術館に1カ月滞在し、
  作品の公開制作とワークショップ、
  デモンストレーションを行いました。

  また2004年にはニュージーランドの首都ウエリントンにて
  竹工芸のワークショップを開催、
  そして原住民族のマオリ族と、
  かごづくりのコラボレーションを行いました。

  2005年はアメリカ6都市のアートフェアーに出品、
  2006年5月にはアメリカシアトル美術館にて講演、
  デモンストレーションを行い
  9月からカリフォルニア州で竹雲斎4代展を開催しました。

  今後も代々の伝統技術を身につけながら、
  日本や海外で積極的に活動していきたいと思っています。



略歴
            
 
Education
1973 大阪府堺市に三代田辺竹雲斎の次男として生まれる
1992 大阪市立工芸高校 美術科卒業
1999 東京藝術大学 美術学部彫刻科卒業
1999
2001
大分県竹工芸訓練支援センター


Solo Exhibition
2002 個展「CONECTION」
コートランドジョッセプギャラリー、NY、USA
2003 個展「つながり」
東京ワコール銀座アートスペース(東京)
2005 個展「つながりU」
ワコール銀座アートスペース(東京)
2007 個展 アートインタラクティブ東京(東京)
2008 個展「襲名記念 田邊小竹 竹芸展」
大阪高島屋6F美術画廊(大阪)
2009
2010 個展「田辺小竹展 つながり-無限- ∞」
高島屋6階美術画廊X 日本橋/東京
2011 「アートとしての竹/継承される竹」
JR名古屋高島屋10階美術画廊 名古屋/愛知
個展「田辺小竹展」
大阪高島屋6F美術画廊 (大阪)
「田辺小竹の世界×山口家住宅
    - 竹工芸の伝統と現代アート展 -」

堺市立町屋歴史館 堺/大阪
2012 正木美術館 秋季特別展「利休参上-受け継がれる茶の風景」
記念邸竹にて茶室のインスタレーション正木美術館 (大阪)
2013 「田辺小竹 竹芸展」 堺祭り大茶会 南宗寺展示 (堺市/大阪)
2014
個展 「ZEN」 
PIERRM MARIE GIRAUD Brussels, Belgium


Exhibition
1999 全関西美術展(99,00,01,02,03,04,05,)

2000 「竹雲斎四代展」コートランドジョセップギャラリー、
ボストン(アメリカ)
堺市展(00,01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12)

2001 大阪工芸展(01,02,03,04,05)
フィラデルフィア美術館クラフトショー 招待出品 
フィラデルフィア(アメリカ)
2002 「YG−ARTS展」(02,03,04)ギャラリーいろはに (大阪)
「NY-堺美術家交流展」
      フローレンスリンチギャラリー,NY(アメリカ)
伝統工芸近畿展(02,04,05,06,07,11,12)
「Bamboo Works いのち展」大阪府立現代美術センター(大阪)
個展「CONECTION」コートランドジョッセプギャラリー、NY、USA

2003 「アメリカを体験した工芸家展」 ギャラリーいそがや(東京)
「堺−ウエリントン美術家交流展」(03,04)
ウエリントン(ニュージーランド)
「日蘭文化交流展」ライデン大学、ライクス美術館(オランダ)
「Bambus im alten Japan」作品制作、招待出品、
チューリッヒ大学博物館、ボルケクンド美術館(スイス)
「Expo culture Japan - Quebec」サンソーバ、ケベック(カナダ)
「韓日美術交流展 MARU-BRIDGE」城山アートホール(韓国)
個展「つながり」 東京ワコール銀座アートスペース(東京)

2004 「浮気のかたち展」(04,05)
ワコール銀座アートスペース(東京)、ギャラリーマロニエ(京都)
「気鋭の6人展」 ギャラリーいろはに(大阪)
「バスケタリー展」 山脇ギャラリー(東京)
「二人展」ギャラリー青雲堂、チューリッヒ(スイス)
「San Francisco International Art Expositions」(04,05,06,07)
サンフランシスコ(アメリカ)
「Palm Beach classic」(04,05,06)ウエストパームビーチ(アメリカ)
「Japanese Bamboo Exhibition」
村上美術館 Del Ray Beach,フロリダ(アメリカ)
「International Asian Art Fair」(04,05,06,07)ニューヨーク(アメリカ)
「Chicago SOFA」(04,05,06,11,12)シカゴ(アメリカ)
「NY SOFA」(04,05,06,07,10,11,12)ニューヨーク(アメリカ)

2005 「堺―韓国美術家交流展」堺市立文化館(大阪)
「新鋭作家三人展」 ギャラリー陶九六(兵庫)
「第18回バスケタリー展」ギャラリーマロニエ(京都)
個展「つながりU」 ワコール銀座アートスペース(東京)

2006 「Art Miami」Convention center マイアミビーチ(アメリカ)
「The Quiet Beauty of Japanese Bamboo Art」
フィルコナーギャラリー、Grinnell College(アメリカ)
「Golden Week Lecures on Japanese Art」
      講演・デモンストレーション
シアトルアジア美術館 (アメリカ)
「二人展」Grand Hotel Villa Castagnola ルガーノ(スイス)
「堺ーバークレー美術家交流展」堺市立文化館(大阪)
「竹雲斎四代展」ル−スアンドシャーマンリー日本美術研究所、
カリフォルニア(アメリカ)
「第19回バスケタリー展」愛知芸術文化センター、 
アートスペースX(愛知県)
「日本伝統工芸展」(06,07,08,09,11) 現在 正会員 (06年準会員)

2007 「CRIA展」京都芸術センター(京都)
「歴代 竹雲斎展」花筥-HANABAKO-(東京)
「Beyond Basketry : Japanese Bamboo Art」招待出品、講演、
ボストン美術館(アメリカ)
「次世代の祭典」サンフランシスコアジア美術館(アメリカ)
「竹の名承、コッテェンコレクションに見る竹芸の伝承」
サンフランシスコアジア美術館(アメリカ)
「East Weaves west Basketry from Japan & Britain」
      招待、作品制作
コリンズギャラリー、グラスゴー(イギリス)
Michael West Gallery ワイト島(イギリス)
「第20回バスケタリー展」(巡回)伊丹市立工芸センター(大阪)
「ヨーガンレール・石の家展」ババグーリ (江東区・東京)
個展 アートインタラクティブ東京(東京)

2008 「 田辺 小竹 襲名展 」 大阪高島屋 (大阪)
「竹雲斎歴代展」タイギャラリー、サンタフェ(アメリカ)
「New Bamboo : Contemporary Masters」招待・講演、
ジャパンソサエティ・ニューヨーク(アメリカ)
「アートフェア東京2008」東京国際フォーラム(東京)
「East Weaves West Basketry from Japan & Britain」
Hove Museum Art Gallery イギリス 
The National Viechtmuseum Noordworde オランダ
「第20回バスケタリー」伊丹市立工芸センター 伊丹/兵庫

2009 「Art Miami]Wynwood Gallery District Miami, FL
マイアミビーチ(アメリカ)
Passione Giappone (Passion Japan)
       Galleria Gracis ミラノ/イタリア  
Asian Art in London 2009 Gallery 27 ロンドン/イギリス
第22回バスケタリー展 横浜赤レンガ倉庫 神奈川/日本
大分が誇る100年の伝統 -創(つく)る、出会(であ)う、拓(ひら)く-
竹の世界 -竹のかたちV- 大分県立美術会館 大分
CLASKA × へうげもの presents 『へうげて、暮らすか』
WABBY ROAD 片桐功敦(華道家)&田辺小竹(竹工芸作家) 東京
Collect 2009 ロンドン/イギリス
「田辺 竹雲斎 ・ 田辺 小竹 竹芸展」大阪高島屋本店 

2010 「Exhibition of Beppu city Bamboo Craft Arts Exhibition」
タイクリエイティブ&デザインセンター TCDC (タイランド)
「Dallas Art Fair」(10,11) (ダラス・アメリカ)
「International Trade Fair 2010 -The special Exhibition
"Modern Masters"」 
バイエルン工芸館 Gallerie Handwerk(ミュンヘン・ドイツ)
「タイ 日本の竹・別府職人技の伝説を辿って記念展Part1」
別府市竹細工伝統産業会館 別府/大分
「Modern Twist」Crow Collection of Asian Art ダラス/テキサスUSA
個展「田辺小竹展 つながり-無限- ∞」
高島屋6階美術画廊X 日本橋/東京

2011 「第三回 堺・ゆめ美術館」 堺市立文化館 堺/大阪
「Gallery of rizewinner
       -The Bavarian State Prize 2005-2010」  
バイエルン工芸館 Gallerie Handwerk (ミュンヘン・ドイツ)
個展「田辺小竹展」大阪高島屋6F美術画廊 (大阪)
「田辺小竹の世界×山口家住宅 -竹工芸の伝統と現代アート展-」
堺市立町屋歴史館 堺/大阪
「強靭な素材、柔軟な思考 織る、捩る」
武蔵野美術大学 民俗資料室ギャラリー 小平市/東京
「竹のかたちX竹芸の今」 大分市美術館 大分市/大分
「片桐功敦・田辺小竹 花の人・竹の人 はじめての二人展」
与謝野晶子生誕芸術祭参加 ギャラリーいろはに (堺・大阪)

2012 常設展示 大英博物館(UK.イギリス)
「Maitres du bambou au Japon]
       Mingei art gallery (パリ・フランス)  
「2012 EXPO CULTURE QUBEC & JAPAN in SKAI & KYOTO 
ケベック・日本文化交流展」ギャラリーいろはに 堺/大阪
「チャリティー展とオークション― 福島の子供・若者を支援 ―」
Galerie Kunst im West チューリッヒ/スイス 
「10 anni! 2002 innaugurazione
della Galleria Ristorante Art !」
      Grand hotel Villa Castagnola ルガーノ/スイス   
「竹工芸の継承と革新」 大分県立美術会館 大分市/大分
「第25回バスケタリー展」 山脇ギャラリー 市ヶ谷/東京
「Permanent Beauty in Japanese Art」
ArtGallery Mingei パリ/フランス
正木美術館 秋季特別展「利休参上-受け継がれる茶の風景」 大阪
特別展示 - 田辺竹雲斎の世界 -

作品提供 
花籠 平和茶会 薄茶席床間飾り 正木美術館席主 
金閣寺大書院/京都

2013 竹工芸の魅力展 東大阪市民美術センター 2月2日〜3月3日
東大阪市吉田/大阪
田辺小竹・彦十蒔絵展 竹×漆 プライスコレクションの若冲
4月 大阪高島屋
田辺小竹・彦十蒔絵展 竹×漆 プライスコレクションの若冲(巡回)
 6月 東京日本橋高島屋
ODERN TWIST Contemporary Japanese Bamboo Art
organized by
The Clark Center for Japanese Art and Culture
and International Arts & Artists.
  Tour Schedule:
  ○Bellevue Arts Museum, Bellevue, WA
    November 13, 2012 - February 3, 2013
  ○Dennos Museum Center, Traverse City, MI
    February 22, 2013 - June 1, 2013
  ○Kalamazoo Institute of Arts, Kalamazoo, MI
    June 22, 2013 - September 15, 2013
  ○Kean University Art Galleries, Union, NJ
    September 26, 2013 - February 16, 2014
心游舎×高島屋 未来へ―つなぐ和のこころ―展 8月14日〜20日
東京日本橋高島屋
tunagu-こころ・人・技-展「暮らしと美術と高島屋」展 連動企画
9月18日〜24日 大阪高島屋
「ジャパンフェスティバル工芸家展」 10月8日〜2014年2月23日
Morigami Museum マイアミUSA
「Ashian art in London」(コラボ作品) 11月2日〜11月10日
ロンドン UK

公募展
全関西美術展(99,00,01,02,03,04, 05)
堺市展(00,01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12)
大阪工芸展(01,02,03,04,05)
伝統工芸近畿展(02,04,05,06,07,11,12,)
伝統工芸木竹展(05,



受賞
1999 堺市美術新人展    新人賞
2000 全国総合技能展    労働大臣賞
2001 暮らしの中の竹工芸展 大分県知事賞
堺市展        堺市長賞
2002 全関西美術展     読売テレビ賞
2004 大阪工芸展 美術工芸の部  一席 大阪工芸協会70周年賞
全関西美術展     佳作
堺市展        堺美術協会賞
2007 COTSEN bamboo prize
2010 The Bavarian States Prize (ドイツ・バイエルン賞)
2012 第41回 日本伝統工芸近畿展 
日本経済新聞社賞 百合型花籃「結」 ゆりがたはなかご「ゆい」
第59回日本伝統工芸展
日本工芸会新人賞 百合形花籃「綴」ゆりがたはなかご「つづり」
2013 第七回円空大賞 円空賞 受賞(4月24日)


表彰
2012 内閣官房 国家戦略室 古川大臣より
「世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクト」
の参加に対して表彰されました。
サンクスレター手交の動画 (小竹は、21:13分頃に受け取ります。)

Video streaming by Ustream



● パブリックコレクション ●


2001 フィラデルフィア美術館(USA)
2003 大阪市立工芸高校
2004 シアトル美術館(USA)
2005 Long Beach Museum of Art(USA)
2006 サンフランシスコアジア美術館(USA)
2007 ルースアンドシャーマンリー日本美術研究所(USA)
ボストン美術館(USA)
大英博物館(UK)
2008 ボリビア国立博物館(ボリビア)
日秘文化会館(ペルー)
  2013   宮内庁 第59回伝統工芸展出品作品 ”百合形花籃「綴」” (日本)  
2014 ヴィクトリア&アルバート博物館(イギリス)買上げ


∞ Media ∞
Televition,Radio,Newspepars,Magazine & Web site...
2007 2月9日(金)NHK教育テレビ 午後10-
『 美の壷 』− File 37 竹籠−父、三代 竹雲斎と出演
『Weekend Japanology』ウィークエンド・ジャパノロジー
6月22日(金) NHKワールドTV  
11月9日(金)26:45〜27:30 NHK総合(11月10日(土)2:45〜3:30)
[英語と日本語の2か国語で放送]
「いい人に会う」 SAMSUNG 季刊誌7号(2007年12月発行)
韓国の半導体・電子部品メーカーの
日本法人・日本サムスン(株)の季刊誌
竹の美を編む120年の伝統を未来につなぐ
2008 高島屋 「華報」2008年夏号の表紙

2009 「世界を変える100人の日本人!JAPAN☆ALL STARS 」 
4月24日(金) 20時〜  テレビ東京(テレビ大阪)
JAL SKYWARD May 2009
JALの機内誌、「Skyward 5月号」 の英語ページ
”The Grass Menagerie” p19-p26
CBS News "Sunday Morning" 
5月17日(日) am9:00-am10:30
日本の竹工芸や田辺家が紹介されました。YouTube 
金ふく
BShi(BSハイビジョン)7月7日(火)午後4:00〜4:45
−ふるさとから、あなたへ−「神宝〜1300年受け継がれる 技と心〜」
伊勢神宮では20年に一度、社殿を建て替える式年遷宮が行われます。
その際、神様に供える神宝もすべてを一新します。
田辺家では、神宝の一つである葛編み箱を納めさせて頂きました。
この度、この制作風景が放映されます。(竹雲斎、小竹出演)
9月6日(日) 午前10時34分〜
NHK総合テレビ
7月にBShi(BSハイビジョン)で放映されました
「神宝〜1300年受け継がれる技と心」の全国放送版です
堺日和 sakai biyori 
11月27日(金)22:52 〜 22:57
関西テレビ(KTV)8ch 
堺の歴史や、風景を映像と音楽で紹介する番組に出演致します。
週末の探検家 夢羅針盤
11月28日(土)9:55〜10:25
朝日放送(ABC)6ch

2010 和楽1月号(100号記念号) 小学館 (2009年12月12日発売)
- メイド・イン・ジャパンの天下一品を愛する - 
p.45の世界中からラブコール
婦人画報 7月号 6月1日(火)発売株式会社アシェット婦人画報社
第五章 一客一亭、京おんなの夏茶事
南大阪を楽しむための地域情報サイト
キットプレス 私的・すてき人 File.065
2010年6月 今月のすてき人として紹介して下さいました。
読売新聞 7月14日(水)
3月のドイツの展覧会の事、バイエルン賞の事が紹介されました。
芸術新潮 8月号 7月24日(土)発売新潮社
【Stardust】田辺小竹 未来編みはまかせて(東京の個展の紹介)
2011 東海ラジオ 大野良春"リアル" 5月21日(土)
ものづくりの美 → 天野さんのblog(公式ページ兼任)
新美術新聞 7月1日号
 「わたしの宝もの73」にコラムが掲載されました。
地球テレビ エル・ムンド 2011/07/07 23:00-23:40 NHK-BS
” TALK ” のコーナーに出演

2012 Le Monde ルモンド (フランスの新聞) 2012/03
フランスの夕刊紙、Le Monde に作品が紹介されました。
堺のがんばる企業応援マガジン さかいIPC press 2012.10 VOL25
公益財団法人 堺市産業振興センター
気になる さかい人録 紹介されました。

2013 和楽 2013年1月・2月号 小学館
落款があれば「書」はもっと楽しくなる!の中で落款が紹介されました
パナソニック汐留ミュージアム
汐留ミュージアム総務・田中さんの竹工房訪問記
汐留ミュージアム総務・田中さんの竹工房訪問記です。
2013年3月13日(水)   竹工芸と今後について
2013年4月12日(金) 予定  工房見学
2013年5月13日(月) 予定  花籠作りを体験

                                 
  
  略歴 
  
  伝統工芸作品 
  
  Art works 
  
  展覧会 
  
  Demonstration
  
  Workshop 
  
  最新情報 
  Blog : Diary 
 Blog : 竹工芸教室 
 略歴  伝統工芸作品  Art works  展覧会  Demonstration  Workshop  最新情報  Blog : Diary  Blog : 教室
&
 Lecture

Copyright(c) 2005-2016 @ Takeo Tanabe  All rights Reseved  お問い合わせ .